イソフラボンは過剰摂取をしなければ、基本的には副作用はないと考えて良いでしょう。 女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きがあるとされているイソフラボンは、更年期障害や骨粗鬆症、動脈硬化などに良いとされています。 他にも、乳がんや前立腺がんの予防にもなるということですから、大豆イソフラボンを含む食品は、積極的に摂った方がいいですね。 大豆イソフラボンを含む食品は、豆腐や納豆などの普段から普通に食卓にあがる食品なので、気軽に摂取できるでしょう。 イソフラボンの副作用は、基本的にはないとされていますが、イソフラボンのサプリメントによる過剰摂取には気をつけてください。 大豆イソフラボンの一日の摂取量は、目安で大豆イソフラボンアグリコンとして70ミリグラム〜75ミリグラムと、日本の食品安全委員会が示しているようです。 あくまで可能性としてですが、大豆イソフラボンの過剰摂取によって、乳がんを誘発する恐れもあると言われています。 イソフラボンを食品から摂る分には、それほど神経質になる必要はないでしょう。 でも、サプリメントなどを利用してイソフラボンを摂取する場合には、少し注意した方がいいかもしれません。